会社方針CONCEPT

経営方針

   日本コンテントオルガンは日本オルガンにおける経営理念を継承します。
オルガンの歴史は非常に長く、15世紀前に遡ります。世界中の教会や学校、一般の方々にも広く普及しました。大型のパイプオルガンはコンサートホールや教会施設など一部に限られ、ほとんどが電子オルガンになりました。電子オルガンは全世界のオルガンビルダーによって様々なタイプが生産されています。どれもが歴史ある音源を守って、それを必要としている奏者に提供し続けています。
 私たちは電子楽器であっても歴史ある音源を後世に伝えるオルガンを、提供し続けて行きたいと思っています。


オランダコンテント本社    CONTENT ORGELS WEBSITE

代表メッセージ

私が日本オルガンの中川さんと知り合ったのは今から数年前になります。残念ながら日本オルガンは現在は存在しませんが、オルガンの魅力を再認識したきっかけを作ってくれました。 
その時にCONTENTオルガンの存在を知りました。日本にマッチしたコンパクトなオルガンを開発しており、このオルガンの開発には中川さんの助言が大きく影響しています。
私自身はオルガンを演奏することができませんが、オルガンを愛好する方々の選択肢を広げ、オランダのオルガンを紹介していきたいと思っています

本店紹介

日本コンテントオルガンはJR川崎駅から徒歩10分と、とても便利なところにあります。展示室には常にCompact224があり、いつでも試弾ができます。お車でお越しの際は、当駐車場をご利用下さい。

沿革
2017年10月

日本オルガン株式会社の一部事業継承

2017年 12月

コンテントオルガンと代理店契約

2018年  4月

オルガン文化財普及協会として活動

2020年  4月

日本コンテントオルガンに名称変更

ナビゲーション

バナースペース

日本コンテントオルガン